海外旅行記や京都の食べるところメインのサイト。

R.ch

リンク広告

イタリア ミラノ 旅行情報 旅行記

ミラノの名物料理を堪能! 実際に行ったお勧めレストランやバーを紹介

投稿日:

イタリア旅行と言えば、美味しいイタリアンを楽しみたい! という方も多いのではないでしょうか。

ガイドブックに載っているお店に行くのもいいけれど、個人的には、通りすがりに見かけた雰囲気の良さそうなお店に入るほうが好きだったりします。
あと宿泊先のスタッフの方にお勧めを聞くというのもいいですね。

こちらの記事では実際に旅行中に食べたご飯とお店について紹介します。


イタリア旅行ハイライト

ジェノヴァ
イタリア旅行記目次~忙しい人向けハイライト~

イタリアを旅行した際の行程をまとめてみました。 ※この記事は1分で読めます。 期間:2018年10月16日~10月23日 ...

続きを見る


Moscovaにある、オーナーおススメのレストラン

ミラノ
宿泊先のオーナーさんに、お勧めレストランリストなるものを頂いたので、2日目の夜に気になったところへ行きました。
アパートメントから徒歩3分くらいなのも嬉しい。
そして旅行者にはありがたい、19時半開店なのもポイントでした。

イタリア人の夕食タイムは平均して21時からのため、お店も20時頃からしか開店しないところも多いのです。
19時半に予約を入れて向かいましたが、写真のようにお店はがらーんとしており、人気ないのかな? と懸念してしまうほどでしたが、食べ終わるころには、たくさんの人たちで席は埋まっておりました。

美味しすぎるミラノ風リゾット

ミラノ風リゾット
某ファミリーレストランの影響で、日本で一番有名なミラノ名物かもしれない(?!)こちらのリゾット。
イタリア語では「Risotto alla Milanese」と表記します。
イタリア(ミラノ)に来たらまず食べたいものNO1だったので早速注文してみましたが、めちゃめちゃに美味しかった!
見た目は非常にシンプルなのですが、サフランの香りが効いており、牛や豚の骨から出たであろう旨みとチーズのコクがなんとも絶妙な味わいで、ぺろりと頂いてしまいました。

ちょっと豆知識

ちなみにミラノ風ドリアは日本発祥の料理であり、ミラノには存在しません。間違えて注文しないように!


本場のミラノ風カツレツ

ミラノ風カツレツ
最近は日本のレシピにも取り上げられたりしているミラノ風カツレツ。
イタリア語では「Cotoletta alla Milanese」と言います。
あまり前知識がないまま頼んだのですが、サイズが予想以上に大きくてびっくりしました。
こちらの写真、一人前の半分の大きさなのです。
勧められるままに付け合わせにポテトも頼んだのですが、美味しかったけど完食できなかった…。
味付けはいたってシンプルで、塩コショウのみです。
スペシャルだと生姜もついているみたい。

お店の情報

お店の名前:La Vecchia Lira
電話番号:+39 02 659 9136
営業時間:お昼12:30~14:30 夜19:30~23:30


スフォルツェスコ城の近く! お手軽なワインバー

ミラノ
こちらは、たまたま通りがかって見つけた素敵なワインバーのお店。


ミラノ
店内ではこのようにワインも買えちゃいます。


ミラノ
席はテラス席、中、このように通りに面した半テラス席(?)の3種類です。
せっかくなので通りを眺めながら飲めるこの席に。


ミラノ
メニューはこんな感じ。
どの地方のワインを飲みたいのか、そしてそのワインにはどんなおつまみが合うのかということが書かれています。


ワイン
中をめくると、より詳細な他のメニューが記載されているのですが、そこにもどんなワインが合うのか記してあります。
わたしはワインに詳しいわけではないので、まず食べたいパスタを選び、そのパスタにおススメのワインをオーダーしました。


ミラノ
注文したトマトのパスタ、美味しかった!
バーの食事なので、ボリュームが軽めなのが嬉しい。


ミラノ
ミラノ
おつまみも決して量は多くないので色々楽しめちゃいます。


本当はもう少しワインもおつまみも色々試してみたかったのですが、この日だんだん風が強くなり、テラス席のテントが吹き飛びそうになるほどの突風が。


ミラノ
着いたときはこんな感じで賑わっていたのに、
(実際は、ワインを楽しんでいる間にもっと人は増えていきました)


ミラノ
あまりにも風が強くてみんな退散!
わたしたちの座っていた席もドアが閉じられ、多くのお客さんが中に移動していきました。
ドゥオーモへ続く道なので、人通りも多かったのですが、お店を出るころにはほとんど人も歩いていなかった。笑

お店の情報

店名:Signorvino Enoteca Milano
電話番号:+39 02 8909 5369
営業時間:10:00~0:00

姉妹店がドゥオーモの近くにもあるようです。
カジュアルな雰囲気なので気楽に入れます。


どの料理も絶品! 日本人好みのレストラン

ミラノ
ジェノバの記事でちらりと触れましたが、こちらのレストランはどれも日本人好みのイタリアンで非常に美味しかったです。


ミラノ
遅れていったため、残念ながら写真が一枚しかないのですが、こちらのピザも、リゾットも、前菜も、冷めてしまっていても本当に美味しかった!
ミラノ中央駅から地下鉄を乗り換えていかないといけませんが、非常にお勧めです。
カジュアルな雰囲気なのでフォーマルな格好で行く必要もなく、気軽に行けるのも◎。

お店の情報

お店の名前:restaurant Pizzeria Maruzzella
電話番号: +39 02 2952 5729
営業時間:お昼▽12:00~14:30 夜▽19:00~23:30
定休日:水曜日
行き方:ミラノ中央駅からは地下鉄M2(緑線)に乗り、『Loreto』で地下鉄M1(赤線)に乗りかえ『P.ta Venezia』で下車のち徒歩3分くらい

ミラノでとても有名なレストランだそうです。本当にどれも美味しい上、気軽に入れるカジュアルレストランです。


まだまだたくさん、美味しいミラノ名物

オッソブーコ
こちらの記事で詳しくご紹介していますが、ミラノに来て外せない名物料理と言えばやはりオッソブーコ
子牛のすね肉を骨ごと煮込んだこちらの料理、骨の真ん中の骨髄がたまらなく美味しい。
ミラノ風リゾットも付け合わせとして出てくるので、郷土料理を二倍楽しめるのもいいですね。


わたしは食べ損ねてしまいましたが、モンデギーリというミラノ風ミートボールも美味しいそうです。

一人じゃレストランに入りにくい! そんな時は?

日本でも海外でも、レストランはなかなか一人では入りにくいですよね。
海外スーパーでお惣菜を買うのもいいけれど、外食だって楽しみたい…。
そんな時の強い味方が「アペリティーボ」です。


イタリアン
アペリティーボとは要するにハッピーアワーのことで、時間帯は18時前後から。
ミラノでは一杯頼むとビュッフェ形式で食事も一緒に楽しむことが出来るお店が多いのが特徴です。
立ち飲み感覚で利用する方や、ゆっくり座って長居する方まで楽しみ方も様々。
レストランに比べると価格も安く、気楽に食事をとることも出来るため、お1人様女子も見かけました。

ミラノ全域で行われているこのアペリティーボですが、特にナヴィリオ地区ブレラ地区で盛んのようなので是非足を運んでみてください。


合わせて読みたい

ミラノ
ミラノのヴェネツィア?! 運河の綺麗なナヴィリオ地区で優雅に夕食を楽しもう

イタリア旅行4日目その3。 前回の記事:オシャレなブレラ地区で、ブレラ絵画館と花びらアイスを堪能しよう ブレラ地区を堪能 ...

続きを見る

ミラノ
ミラノのオシャレスポット、ブレラ地区で『ブレラ絵画館』と花びらアイスを堪能しよう

イタリア旅行4日目その2。 前回の記事:ガリバルディ地区にある、木の生えた建物『垂直の森』とVenchiと ガリバルディ ...

続きを見る

-イタリア, ミラノ, 旅行情報, 旅行記
-, ,

Copyright© R.ch , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.