海外旅行記や京都の食べるところメインのサイト。

R.ch

リンク広告

イタリア ミラノ 旅行情報 旅行記

有名アーケード「ガッレリア」そしてトラムに乗って「最後の晩餐」を見に行こう

更新日:

イタリア旅行2日目後半。

ドゥオーモを堪能した後は、近くのガッレリア(アーケード)へ

Galleria Vittorio Emanuele II

日本語にすると、『ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア』ですね。

ヴィットリオ・エマヌエーレ2世…聞き覚えはあるけど誰だったっけ。

サルデーニャ王国の最後の国王であり、のちイタリア王国の初代国王である。
ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世は統一イタリアの象徴として国民から敬愛されている。(wikiより)

なるほど、イタリア統一戦争に終止符を打った英雄でしたか…! 世界史選択でしたが遠い昔のことなのですっかり頭から抜け落ちていました。

ガッレリア
それはさておき、このガッレリア、ドゥオーモのすぐ隣にあるアーケードで、スカラ座とドゥオーモを繋ぐ通り道となっています。
世界で最も古いとされるアーケードだそう。

ちょっと一言

アーケードと言っても、カフェは少し割高だったり、高級ブティックが軒を並べています。
所謂「観光地」ではないかもしれませんが、ドゥオモ側からガッレリアを通った場合は、スカラ座、またその先にあるブレラ地区に行くことが出来るのでぜひ歩いていただければと思います。
アーケード自体は10分もあれば通り抜けることができます。

関連記事

ミラノ
ミラノのオシャレスポット、ブレラ地区で『ブレラ絵画館』と花びらアイスを堪能しよう

イタリア旅行4日目その2。 前回の記事:ガリバルディ地区にある、木の生えた建物『垂直の森』とVenchiと ガリバルディ ...

続きを見る



ガッレリア
入り口はこんな感じ。
天井はガラス張りとなっており、床は見事なモザイクで装飾されています。


ガッレリア
中に入っているお店のオシャレなこと。


ガッレリア
中心まで来ると…既視感を覚える方も中にはいらっしゃるかもしれません。
かのディズニーワールドのワールドバザールがお手本とした建造物だそうです。


ガッレリア
夜にドゥオーモ側から撮影した写真です。


ガッレリア
こちらの写真を撮った時は22時を回っていましたが、そこそこ人が歩いています。
お店は閉まっていますが、建物をじっくり楽しんだり、撮影をするには夜の方がいいのかもしれません。
前回の記事でも触れたように、警察が巡回していて夜でも非常に治安はいいと感じましたが、スリなどにはじゅうぶんお気を付けください。


ガッレリア_雄牛
プラダの斜め前には、このような雄牛のモザイクがあります。
後ろ足の付け根あたりを踵で踏みつけながら止まらずに3回転すると、幸福が訪れるという言い伝えがあるそうです。


ガッレリア
夜にも関わらず、挑戦している方も! いや、夜で人が少ないからこそでしょうか?

ガッレリアへの行き方

行き方:ドゥオーモ(地下鉄M1・M3 Duomo駅)を正面にしてすぐ左手
ドゥオーモに着いたら、ガッレリアに着いたも同然です。


最後の晩餐

最後の晩餐

最後の晩餐

ミラノに来たからには欠かせない『最後の晩餐』。かくいうわたしも見てきました。
絵画にあまり興味がなくとも、『最後の晩餐』というワードやこちらの画像は、耳にした目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。『ダ・ヴィンチ・コード』の題材にもなりましたね。

最後の晩餐とは?

こちらの絵画は、レオナルド・ダ・ヴィンチによって描かれた宗教画です。
教会の食堂に描かれたこともあって、500年以上経った今でもミラノの外に持ち出されたことはないそうです。
ちょうど今、日本にフェルメールの絵が何点か来ていますが、最後の晩餐は壁画として描かれているがゆえに今後も持ち出し不可でしょうし、そういった意味でも希少性が高いと言えると思います。

さて、肝心の『最後の晩餐』自体の意味ですが、

イエス・キリストが処刑される前夜、十二使徒と共に摂った夕食のことを最後の晩餐という。(wikiより)

だそうです。
そしてこの夕食の場で、イエス・キリストが「わたしは弟子たちの中の一人によって裏切られる」と予言している場面が描かれています。

このシチュエーションは大変人気があり、数多の宗教画家によって描かれてきましたが、その中で最も有名なのが、ここミラノの『サンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会』の中にある壁画なのです。
一体だれが裏切り者なのか(聖書ではユダとされています)、ユダはどの人物なのか、本当に裏切り者は一人なのか…などなど、謎が謎を呼び、非常に人気の高い壁画です。

最後の晩餐への行き方は?

行き方は以下の3通りです。

・ミラノ中央駅から、地下鉄M2線(緑色)に乗り、CADORNA FNT駅で下車のち徒歩10分ほど。
・ドゥオーモから、地下鉄M1線(赤色)に乗り、CADORNA FNT駅で下車のち徒歩10分ほど。
・ドゥオーモから「サン・シーロ(SAN SIRO)」行きの16番のトラムに乗って、5番目の停留所「S.Maria Delle Grazie」で下車、乗車時間は10分ほど。

関連記事

最後の晩餐への行き方
トラムで行こう!『最後の晩餐』があるサンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会への行き方

こちらの記事では、かの有名な「最後の晩餐」がある教会へどうやって行けばいいか、ということをトラムでの行き方に焦点を合わせ ...

続きを見る



トラムに乗ってみたかったので、わたしはトラムを選択しました。
乗りながらミラノの街並みを眺めることが出来るし、個人的には一押しの行き方です。

最後の晩餐
停車駅でそわそわしながら待っていると、イタリア語でトラムの行き先について話しかけられました。
どこからどう見てもアジア人(外国人)なわたしになぜ聞いた…?!
ここでかっこよく受け答えが出来れば良かったのですが、もちろんイタリア語もミラノの地理も分からないので、

「ごめんなさい、わたしも旅行者だからわからない😢」

と英語で返すのが精一杯でした。

そんなやり取りをしていると、16番がやってきました。
揺られること約10分。
街並みを眺めることが出来るしトラムで行くことをお勧めしますなどと上述していますが、降りるところを間違えやしないかと実際はひやひやものでした。
仮に間違えたとしても、歩ける距離なので問題ないんですけどね。


最後の晩餐への行き方
5つ目の停留所で降りてすぐ右手には、このような広場があります。

そして顔をちょっと右に向けると…


最後の晩餐への行き方
おお、この教会かな?
と思いきや、実際の入り口は写真左手に見える、赤い垂れ幕のかかった場所でした。
ちなみにチケット交換はこの入り口では出来ませんのでご注意ください。

チケットはどこで手に入れるの?

世界各地から、一目見るために多くの観光客が訪れる最後の晩餐…なんとこちら、完全予約制となっております。チケット販売は、2、3か月前から開始になるようですが、直近の日付だと満席の可能性が高いので、旅行の日程が決まりましたら真っ先に確保されることをお勧めします。
公式サイトで購入するのが一番安く入手できますが、英語かイタリア語が堪能でない限りは難しいと思います。
いくつかツアーがあるので、そちらで購入しましょう。


最後の晩餐
チケットはこの写真にある、小さな白い建物で交換します。

感無量、最後の晩餐

さて、いよいよ最後の晩餐の鑑賞です。

最後の晩餐
上でもちらりと触れましたが、チケットを手にしてこちらの建物に入ります。
指定された時間の5分前に着きましたが、もうすでにみんな集まっておりました(25名ほどの小グループで入ります)。着いてすぐに移動が開始されたので、念のため10分くらい前に来ておいた方がいいかもしれません。

3回ほどガラスの扉(時間になると自動で空いたような…後ろのほうにいたのではっきりとは分かりませんが)をくぐりぬけ、5分ほどガイドさんから説明を受けます。
基本的に鑑賞はすべてガイドさん付きかな?
英語とイタリア語が選べるのですが、結構なイタリア訛りの英語でわたしは全然聞き取れませんでした…。

そして最後の扉が開き、ようやく食堂の内部へ!

天井がとても高く、非常に広い展示スペースです。
少人数ごとの鑑賞スタイルのおかげで、近くで観たり、遠くで観たりとじっくり堪能することが出来ました。

ちなみにこの最後の晩餐、2016年からフラッシュ無しなら撮影可になったようなのですが、わたしのいたグループは誰一人として写真を撮っていませんでした。
<追記>2018年11月17日現在、最後の晩餐は撮影不可となっているようです。

コメントで教えていただきました、ありがとうございます!



内部は周辺の壁や窓にも装飾が施されていて、大変綺麗でした。
こちらの『サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会』は、第二次世界大戦中に連合軍による空襲を受け屋根が半壊しているのですが、奇跡的にも壁画は残ったというのがすごいですね。

たっぷり15分間(入れ替え制です)、楽しむことが出来ました。

最後の晩餐、情報まとめ

行き方:トラムだと目の前で降りれるのでお勧め。詳細はこちらからどうぞ。
料金:約1500円~4500円(公式サイトで申し込めば最安値1500円だが、イタリア語もしくは英語が堪能でない限りはかなりハードルが高いと思われる

☆完全予約制なので注意
☆25名ぐらいのグループで15分ごとの入れ替え制


ちょっと寄り道

ところで、サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会に早く着きすぎちゃったり、ちょっと休憩したいなって思ったときはどうしたらいいのでしょうか?

周りにお茶できるところは?

到着した時、まさにわたしはお腹が空いていたのですが、何もないなあ…という印象を受けました。
ドゥオーモ方面に向かって5分くらい歩くとお店がちらほらあるので、お食事をされる場合はそちらか、もしくは事前に他の場所で済まされたほうがいいかもしれません。

広場の目の前にあるカフェ

ミラノ
サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会の前に唯一あるカフェにて。
時間が来るまでここに座っていたかったのですが、ハエが結構飛んでいて退散しました。
銀行が近くにあるからか、店内にはスーツを着たサラリーマンがたくさんいましたが、誰一人としてハエのことは気にしていなかった。笑
フルーツ自体は生ぬるかったですが、小腹を満たすのにはちょうどいいかも。


ミラノ
こちらは別のお店ですが、このように、色んなお店にフルーツの盛り合わせのカップが置いてあります。

最後の晩餐の教会から徒歩5分、『PANINI DURINI』

PANINI DURINI
教会から少し歩いたところに、パニーニ(サンドイッチ)のお店があります。


PANINI DURINI
配達もしてくれるのかな? かわいい!


PANINI DURINI
どれも美味しそうで目移りしちゃいます。
ここにもヌッテーラクロワッサンがある!

この日、夜にレストランに行くことが決まっていたのでチョコレートドリンクを頼むことに。
のども乾いていたし、ちょうどいいやと思っていたのですが…


PANINI DURINI
見てください、この「どろっ」と感!
運ばれてきたのは、ドリンクというよりもチョコレートの液体状の食べ物でした…。
想像とは違ったものの、食べるチョコレートミルクといった感じで美味しかったです。
非常に濃厚でした。


PANINI DURINI
ちなみにパニーニはこちら。
このミラノサラミのパニーニ、とてもとても美味しかったです。
気に入ってしまって、後日、朝ごはんに食べに行ったくらい!
やや少食の女性にとっては、ちょっと量は多めかなと思いますので、軽食というよりはがっつりめにはなりそうです。


PANINI DURINI
店内には、犬の水飲み場もあります。
イタリアは犬を連れて歩いている人をよく見かけます。
こういったカフェや、後日行った「白トリュフ祭り」というイベント会場、そして船にも犬を連れて乗ることが出来るので、犬好きにとっては嬉しいですね。
しかもどのわんちゃんも非常にお利口で、店内で吠えている犬は全く見かけませんでした。
わたしは犬があまり得意ではないのですが(猫も…)みんな大人しくて可愛いので、旅の後半では飼い主に話しかけ、写真をばしゃばしゃ撮っていました。笑

PANINI DURINIのお店情報

この『PANINI DURINI』、ミラノ市内に10店舗強ほどありますので、行きやすい店舗でぜひパニーニを楽しんでいただければと思います。
ドゥオーモの近く、ブレラ地区、ガリバルディ駅近辺…などなど、アクセスしやすい場所にあるので観光の合間にぜひ。
営業時間:7:00~20:00
サイト:
https://www.paninidurini.it/

***

この後レストランにてミラノ風リゾット(めちゃめちゃ美味しかった!)を堪能したりしたのですが、思ったよりも長くなりましたので食事は食事編としてまたまとめたいと思います。
書ききれていない小さなエピソードもたくさんあります…しばらくはイタリアの記事ばかりのイタリア関連サイトになりそう。

続き

ジェノヴェーゼ
ミラノから日帰り旅行、ジェノバへGO! 本場のジェノベーゼを食す

イタリア旅行3日目。 前回の記事:イタリア旅行2日目:有名アーケード「ガッレリア」そしてトラムに乗って「最後の晩餐」を見 ...

続きを見る



役に立った! と思ったら共有して下さると嬉しいです✨

-イタリア, ミラノ, 旅行情報, 旅行記
-, , ,

Copyright© R.ch , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.