海外旅行記や京都の食べるところメインのサイト。

R.ch

リンク広告

京都

京都でジェラートを食べるならSUGiTORAへ! 極上のパフェで至福のひと時

更新日:

こんにちは、Rです。

今回は、わたしが愛してやまないジェラート屋さん「SUGiTORA」を紹介したいと思います。

SUGiTORA

どこにあるの?

新京極通りと寺町通の間に、ひっそりと隠れ家のように静かに佇むSUGiTORA。
SUGiTORA
寺町通り側からだと、このような看板が立っているだけなので、注視していなければ見逃してしまうかもしれません。
三条通りから歩いたほうがやや近いですが、看板は四条通り(南)に向かって立っています。


SUGiTORA
お店の外観はこんな感じ。

テイクアウトかイートインか選べます。
(※絶品パフェはイートインのみ)
座席は全部で10席ほどでこじんまりとしていますが、綺麗で落ち着いた雰囲気のお店です。
22時まで空いているので、仕事帰りや飲んだ後に寄れるのも嬉しい!
京都の中心地、四条河原町から徒歩10分ほどなので、観光の合間にも立ち寄りやすいと思います。

実は有名なオーナーシェフ!

こちらのSUGiTORA、京都で100年以上続いた老舗果実店のご子息の杉田さんが、ジェラート店としてオープンしたお店です。
パティスリーの技術を競う、クープ・デュ・モンド・ドゥ・ラ・パティスリー2015で見事銀メダルを獲得されたそう。
見目麗しい斬新なパフェの数々は、パティシェならではですね。

気になるフレーバーは?

SUGiTORA
フレーバーは7、8種類で、チョコレートやミルクなどの定番ものに加えて季節のジェラートが登場します。
どれも非常に美味しいのですが、特におすすめなのは
チョコレート
コーヒー
オレンジサンギーヌ

以上の3点です。

個人的には、是非ダブルにして、チョコレートとオレンジサンギーヌの組み合わせも楽しんでいただけたらと思います。
素材の味を最大限に生かした風味と、まろやかな口当たりがたまりません!

フォトジェニックかつ最高に美味なパフェ

SUGiTORA

そしてこちらのジェラートを使った贅沢なパフェ。
アートな見た目もさることながら、味も抜群で、非常に満足度の高いパフェです。


SUGiTORA
パフェのメニューはこんな感じ。こちらもジェラートと同様、季節ごとに変わるので何度足を運んでも楽しめます。


SUGiTORA

カフェモカパフェ

個人的にお勧めしたいのはこちらのカフェモカパフェ

まずはチョコレートジェラートを一口。先日も食べたばかりだけどやはり美味しい。
そして一緒に運ばれてきたエスプレッソを1/3ほどかけて二口目。なじむ。実になじみます。
軽やかな食感のメレンゲと、くちどけの良いコーヒーゼリー…ここで少し溶けてきたチョコレートジェラートで絡めとりつつ口に運びます。
…至福。
下にはコーヒージェラートが鎮座しており、ここで追いエスプレッソをかけることにより、更に強くコーヒーの香りを楽しめます。
甘さも量もほどよく、最後の一口まで美味しく頂くことができました。

1400円からとお値段は少しお高めですが、洗練されたSUGiTORAのパフェをぜひお試しいただければと思います。
隠れ家的雰囲気はデートにもぴったり!

SUGiTORA

営業時間 13:00~22:00(イートインラストオーダー21:30)
近くのみどころ:錦市場
定休日:火、水
行き方:阪急河原町駅から徒歩10分ほど

-京都
-, , ,

Copyright© R.ch , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.