海外旅行記や京都の食べるところメインのサイト。

R.ch

リンク広告

イタリア ミラノ 旅行情報 旅行記

ミラノから電車で40分のリゾート地、湖畔のかわいい街並みが魅力的なコモ湖

投稿日:

イタリア旅行6日目。

楽しかったイタリア旅行も、とうとう最終日です。
最後の日は、コモ湖に行きました。

コモ湖って?

コモ湖
コモ湖はイタリアとスイスの国境近く、アルプスのふもとに位置しています。
ヨーロッパ随一の避暑地として、大変人気のあるエリアです。
この辺りにはいくつもの美しい湖畔スポットがあるのですが、その中でもひときわ華やかなのがコモ湖なのです。



湖はイタリア国内では三番目に大きく、人の字の形をしています。

湖畔にはエレガントなヴィッラや魅力的な町が点在していますが、陸路で訪れるのが難しいため基本的には遊覧船で水上からアクセスします。

かのジョージ・クルーニーをはじめとするセレブ達の別荘もあり、高級リゾート地でもあるため、治安も良いと言っても差し支えないでしょう。
かつてはローマ皇帝も保養のために訪れていたそうです。

コモ湖への玄関口、コモ市

コモ湖の中心都市であるコモ市は鉄道駅の周辺に広がっており、アクセスしやすいです。
ミラノからは鉄道で36分、バスでも4、50分で到着します。
遊覧船もこちらから出ているので、まずはここを目指しましょう。

決して大きな町ではありませんが、美しく優雅な町です。

コモ
コモ
わたしが訪れた時はランニング大会が行われていたようで、街中を走っている人をたくさん見かけました。


コモ
コモのドゥオーモ。
ミラノにあるドゥオーモほどではありませんが、なかなかの迫力です。


コモ
教会の前に集まるたくさんの観光客たち。
コモの町自体には観光名所らしい観光名所はそんなにないので、ガイドさんに案内される場所がみんな同じのようです。
かくいうわたしも、実はツアーで行きました(ツアーというものに参加したのは初めて!)。

コモの可愛いカフェ「MAYA」

コモ
かわいいカフェを見つけたので、遊覧船の時間までほっと一息。


エスプレッソ
エスプレッソおいしい…☕️
他の記事でも書きましたが、今回のイタリア旅行でエスプレッソ大好きになってしまいました。

ちょっと一言

イタリアのエスプレッソの値段は大体1€ほど。
公共のお手洗いを利用しようと思っても1€ほど払わなければならないため、単にお手洗いを探すよりもエスプレッソを飲んで一息つき、そのついでにお手洗いに行くほうが良いように思います。
ただし立ち飲みと、座り飲みでは値段が変わることがあるのでご注意ください。


MAYAの場所


営業時間:6:30~19:00

いざ、遊覧船へ!

コモ湖
予想以上に人がたくさんいて、船の写真を撮りそびれてしまいましたが出発!
チケット売り場をちらっと見ると、本日の便は売り切れという文字が…。
確かこの時まだ朝10時半ごろだったかと思いますが、あまり便自体がないのか、たまたまなのか。

ポイント

遊覧船には各駅(港)停泊のものと、高速船と2種類あります。
各駅だと2時間、高速だと1時間ですが、降りなくとも船の停泊中にじっくりと景色を堪能できるので、時間があれば各駅のほうが良いかも!



コモ
最初はみんな、我先にと外で景色を楽しんでいたものの、結構寒くて一人、また一人と室内に。笑
わたしも早々に脱落しました。
ガイドの方が解説してくれている時は景色を見ていましたが、結構乗車時間が長いのもあり、次第に少し飽き…睡魔が。


コモ湖_遊覧船
船内はこんな感じ。
一応レストランもあるので、クルーズを楽しみながらランチをとっている方もいました。

犬好きに優しい国、イタリア

コモ湖_遊覧船
船の中をうろうろしていると、面白い張り紙を見つけました。


コモ湖_遊覧船
こちらは一緒に船に乗れる犬のサイズ等について書かれたものです。

船だけでなく、カフェにも基本的に犬も一緒に入れます。
トリュフ祭りの会場も犬の同伴OKで驚きました。

どの犬もとても利口でお行儀よく、吠えている犬を見かけることはほぼありませんでした。
きちんと躾けられているから、一緒に入れるお店が多いのでしょうね。

トリュフ祭りの記事はこちら

アルバの白トリュフ祭り
開催されるのは秋の土日だけ! 北イタリア、アルバの町の白トリュフ祭り

北イタリアの西部に、白トリュフで知られるアルバという小さな町があります。 こちらでは毎年白トリュフ祭りが開催され、世界各 ...

続きを見る


ベッラージオ

コモ湖
コモを出発し、乗ること二時間。
途中何か所かストップしましたが、わたしたちの目的地は人の字のちょうど分岐点に位置するベッラージオ(Bellagio)です。


Bellagio

Bellagio

コモから30キロ離れたこの街は、小さいながらもとても絵になる美しい町です。


Bellagio
Bellagio
写真のような石畳の階段がいくつもあり、町の中は絵になる場所がいっぱい。
カラフルな壁の色がかわいすぎる。


Bellagio
ベッラージオ
オシャレなセレクトショップやお土産屋さんもたくさんあるので、ショッピングも楽しめちゃいます。


コモ湖
街の中は小一時間もあれば見て回れるので、湖の近くへ。
透明度が高くてとてもきれい!


ベッラージオ

コモ湖への行き方

わたしはバスツアーを利用しましたが、電車でのアクセスも可能です。
ミラノから国鉄(FS)に乗り、コモ・サン・ジョヴァンニという駅で降りましょう。
36分ほどで到着します。そこから湖畔までは徒歩15分くらい。
着いてからはまっさきに遊覧船のチケットを確保するのがいいかもしれませんね。


ヴァレンナ

ヴァレンナ

ベッラージオまで船で移動して観光した後は、更にその先にあるヴァレンナまで再び船に乗るとそこから鉄道でミラノまで帰ることが出来ます。

ツアーの話

ところで今のツアーってすごいんですね。


コモ湖
最初にこのようなトランシーバーみたいな機械とイヤホンを渡してもらったのですが、離れていてもガイドさんの案内が聞こえるのでどこで降りるか等も聞き漏らすことがなく、非常に便利でした。

そもそもツアーってそういうものなのかな。
旗を持ってる人についていくというイメージしかないツアー初心者です🔰

今見えているのが~~という町で~など、船の上から見ているだけではなかなか分からないようなことを教えて頂けて面白かったです。
好きな時にオン/オフも出来るのでラジオみたい!

ちょっと一言

ガイドさんの英語はかなりイタリア語訛りでしたが、なぜか聞き取りやすかった! 最後の晩餐のところでもガイド付きでしたが、こちらは同じイタリア語訛りでも聞き取りにくかったなあ。何が違うんだろう?

コモ湖バスツアー
とてもロックな感じの女性バスドライバー。
狭い道をグイグイ攻めていくのでかっこよかったです。


ミラノ_高速道路
車幅が広く、走りやすそうな高速道路です。

ミラノに戻った後は、イタリア旅行の締めくくりとして美味しいパスタとワインを頂きました。
その話はまた食事編にて!

次回:とうとう帰国、さよならイタリア

-イタリア, ミラノ, 旅行情報, 旅行記
-, ,

Copyright© R.ch , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.